斉藤市長から事例を受け取る新教育委員の高石氏(中央)と再任の木田氏(左)=市役所

 熱海市は21日、市教育委員会委員就任が決まった高石文夫氏(78)=伊豆山=、木田真由美氏(55)=春日町=に辞令を交付した。任期は4年間。

 新任の高石氏は市内の小学校教員を務め、熱海中校長を最後に退職した。再任の木田氏は音楽家で、2010年から同委員を2期8年務めている。

 市役所で開かれた交付式では斉藤栄市長が「優れた識見を生かして教育行政の進展に尽力してほしい」と言って辞令を手渡した。高石氏は「教育長や先輩委員からこれまでの経過を聴き、役に立つ仕事をしたい」、木田氏は「教育は学校現場のみならず、市民の文化、豊かな人生に欠かせないもの。一流の文化を誇れるまちづくりに加担したい」とそれぞれ抱負を述べた。

 【写説】斉藤市長から事例を受け取る新教育委員の高石氏(中央)と再任の木田氏(左)=熱海市役所