熱海市は29日、市長の資産公開条例に基づき斉藤栄市長の2017年の資産を公開する。所得は給与所得のみの1025万5660円で、前年より約20万円減少した。

 斉藤市長が市に提出した資産報告書によると、給与は市長報酬と、理事を務める県市町村職員共済組合の手当。預貯金は404万2142円。不動産や有価証券、車などの資産は有していない。

 報告書は平日午前8時半~午後5時15分、市役所秘書広報課秘書室で閲覧できる。