ミュージカル俳優に挟まれて映画音楽を歌う犬飼さん(左から2人目)ら=銀座町の熱海ニューフジヤホテル

 ■シネマ・ミーツ・ミュージカル 名作のテーマ歌う 

 熱海市で開催中の「熱海国際映画祭」(実行委員会主催)の関連イベント「シネマ・ミーツ・ミュージカル」が30日、銀座町の熱海ニューフジヤホテルで開かれた。ミュージカルのトップスター3人が市民有志のコーラスを交えて名作映画のテーマソングを華麗に歌い、聴衆を魅了した。

 出演者はいずれも「劇団四季」出身で、ミュージカルなどで活躍する俳優の今井清隆さん、佐渡寧子さん、秋夢乃さん。司会は同劇団OBで俳優、声優の広瀬彰勇さんが務めた。

 演奏曲目はオードリー・ヘプバーン主演「ティファニーで朝食を」から「ムーンリバー」、ジュリー・アンドリュース主演の「サウンド・オブ・ミュージック」から「エーデルワイス」をはじめ「追憶」「シェルブールの雨傘」「ゴッドファーザー」などのテーマソング17曲。来場者は思い出の名場面が蘇るメロディーと華麗な歌声に酔いしれた。

 途中、市民有志3人がコーラスとして参加し、歌手と肩を並べて名曲をはつらつとした表情で歌った。有志の一人は元劇団四季団員で伊東市議の犬飼このりさん(46)。出番を終えて「気持ち良く歌うことができた。(国際映画祭を開催する)熱海市のポテンシャルの高さを知る機会となった。ともに力を合わせて伊豆の文化を育んでいきたい」と上気した顔で感想を語った。

 【写説】ミュージカル俳優に挟まれて映画音楽を歌う犬飼さん(左から2人目)ら=銀座町の熱海ニューフジヤホテル