海上のアスレチックを楽しむ子どもら=熱海サンビーチ

 ■初日、子どもら500人 

 熱海市の熱海サンビーチに21日、海上アスレチック「ウオーターパーク」がオープンした。初日は天候に恵まれ、約500人の家族連れや若者でにぎわった。

 子どもを中心に人気を集めるアトラクションで、市観光協会が開設、運営する。海上に滑り台やトンネル、橋などさまざまなビニール製遊具を設置している。

 気温が30度を超える猛暑日となった初日は、午前中から利用者の歓声が多く上がった。子どもたちは、滑り台から勢いよく海に突入したり不安定な足場から落ちないよう、四つんばいで慎重に進んだりして、アトラクションを楽しんだ。

 埼玉県春日部市から家族で訪れた新井蒼人君(9)は「いろいろ遊具があって面白い。普段あまり海に入ることがないので、たくさん遊びたい」と笑顔を見せた。

 開設期間は9月2日まで。時間は午前10時~午後4時(受け付けは3時半終了)。1時間単位の入れ替え制で、料金は大人1500円、中学生以下千円。熱海市民は500円引き。問い合わせは、市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】海上のアスレチックを楽しむ子どもら=熱海サンビーチ