市の幹部職員から海釣り施設などの被害報告を聞く自民党の市議と勝俣衆院議員ら=和田浜南町

 自民党県第6選挙区支部長の勝俣孝明衆院議員と熱海市選出の藤曲敬宏県議、同党熱海市支部の6市議が30日、台風12号の高波被害を受けた同市の熱海港埋め立て地などを視察し、市に対し早急な復旧を要望するとともに、国・県に支援を働き掛けることを約束した。

 事前に市役所で行われた被害状況の説明会では、森本要副市長と担当幹部が公共施設被害を中心に状況を報告。初島漁港の復旧に関しては訪れる観光客が多く、1週間以内に終えるとした。観光への影響については宿泊キャンセルなどは今のところなく、今後は風評被害を防ぐためにも復旧を急ぐ考えを説明した。

 同埋め立て地でがれきが散乱した芝生広場や施設が損壊した海釣り施設を視察した参加者は惨状に「これはひどい」と口々に語った。勝俣氏は「被害は想像以上で、観光の書き入れ時でもあり風評被害が心配。国土交通省や水産庁に対しては復旧の補助を働き掛けていく」と話した。

 【写説】市の幹部職員から海釣り施設などの被害報告を聞く自民党の市議と勝俣衆院議員ら=和田浜南町