買い物の家族連れに交通死亡事故ゼロ200日と交通安全を呼び掛ける署員=中央町のマックスバリュ熱海店

 熱海署は4日、管内の交通死亡事故ゼロ200日達成を受けて熱海市内で交通安全の街頭広報を行った。

 署員と交通安全協会職員計6人が2班に分かれ、中央町のマックスバリュ熱海店前で啓発物の配布、伊豆スカイライン熱海峠料金所でサインカーによる広報を繰り広げた。

 同店前では200日達成のチラシを配ったほか、横断歩道を横断中の歩行者の巻き込み事故を中心に注意喚起。車を運転する人、歩行者双方に十分な安全確認を呼び掛けた。

 同署員は「行楽シーズンで車も人も増えている。交通事故には十分注意してほしい」と話した。

 【写説】買い物の家族連れに交通死亡事故ゼロ200日と交通安全を呼び掛ける署員=中央町のマックスバリュ熱海店