ガッツポーズを決めてゴールする2連覇の伊東高水泳部=熱海サンビーチ

 ■30チーム、12キロ力泳

 第71回初島・熱海間団体競泳大会(熱海市主催)が4日、初島漁港―熱海サンビーチ間約12キロで行われた。小学生から一般まで、県内外から参加の30チームが泳力を競った結果、伊東高水泳部が2時間19分13秒で2年連続8度目の優勝を果たした。

 1948年に始まった伝統の大会、1チーム3人の泳者が10メートル以内にまとまって泳ぎ、着順、タイムを競った。スタートの正午現在の気温は32度、水温28度、東の風1・2メートル、波の高さ0・5メートルでコンディション良好。同港をスタートした各チームは互いに励まし合い、ゴールを目指した。

 連覇を目指す伊東高水泳部は3年生の精鋭3人でチームを組み、7月下旬から泳ぎ込んできたという。レースではスタート直後からトップを独走し、昨年も優勝争いを演じた2位の八王子水泳愛好会に4分19秒差をつけて歓喜のガッツポーズを決めてゴールした。

 キャプテンの杉本蓮樹君(多賀中出)は「昨年よりタイムは落ちたが、八王子に勝って2連覇できてうれしい」と感激しきり。松本周也君(稲生沢中出)は「仲間と楽しく泳ぐことができた」、上野礼登君(門野中出)は「3年間の大会で一番きつかった。仲間2人に励まされて泳ぎ切ることができた」と喜びを語った。2時間23分32秒で2位となった八王子水泳愛好会の東翔さん(33)は「途中で追い抜こうと試みたが無理だった。悔しいが、(伊東高は)さすがだ」とライバルを祝福した。

 優勝、準優勝を除く表彰対象の6位以上は次の通り。

 (3)海王(東京)(4)ヤング・ゴー!ゴー!(同)(5)慶応葉山(神奈川)(6)アイ―ストーム(埼玉)

 【写説】ガッツポーズを決めてゴールする2連覇の伊東高水泳部=熱海サンビーチ