2階の窓から楽しめるサルスベリの花=熱海梅園内の中山晋平記念館

 ■ピンクの花、鮮やか 

 熱海市の熱海梅園で、中山晋平記念館に植わる2本のサルスベリが咲き始めた。鮮やかなピンク色の花が歴史ある建物を彩っている。

 建物と門の間にあり、2階建ての屋根に届く大きさ。開花時期はほぼ昨年並みで、現在は三分咲きの状況。2階付近の枝で花が先行して咲いており、門に近い低い枝はつぼみが目立っている。

 2階の窓からは春、園内の梅の花が観賞できる。この季節はサルスベリの花越しに園内が見渡せることから、記念写真の撮影ポイントとして人気があるという。開花期は長く、例年秋まで花が楽しめる。

 同記念館は昭和を代表する作曲家中山晋平の別荘で、西山町から移築した。愛用のピアノや直筆譜面などを展示する。午前10時~午後3時半。木曜日休館。入館は無料。

 【写説】2階の窓から楽しめるサルスベリの花=熱海梅園内の中山晋平記念館