滑石を削って形を整える児童=市いきいきプラザ

 熱海市教育委員会は9日、「古代体験教室」を市いきいきプラザで開いた。市内の小学生とその保護者ら23人が勾玉(まがたま)作りに挑戦し、黙々と滑石を削った。

 夏休みに合わせた企画。学芸員の栗木崇さんが講師を務め「勾玉は古代人のアクセサリーのようなもの」と説明した。

 子どもらは栗木さんから手順を聞いて、作業を開始した。鉱物の一種・滑石に鉛筆で勾玉の形を書いてから線に沿って糸のこぎりで切り、やすりで削って形を整えた。保護者に手伝ってもらいながら作業を進める子どももいた。

 糸のこぎりを使うのは初めてという山口笑生君(第二小3年)は「石が硬くて削るのは難しかったけれど、上手にできると思う」と話した。

 【写説】滑石を削って形を整える児童=熱海市いきいきプラザ