沿道に点々と続くシシウド=函南町桑原の県道熱海箱根峠線

 熱海市の郊外を走る県道熱海箱根峠線で、セリ科の野草シシウドの花が咲き始めた。沿道に点々と並び、白い花を高原の風に揺らしている。

 大きいものは高さ2、3メートル。森の切れ目などに立ち上がり、放射状に花を咲かせる。上から見ると打ち上げ花火のような形をしている。

 尾根を走る同線では7~8月、大きな花を咲かせるヤマユリや、紫色の花が集まるギボウシの仲間などが夏を彩る。数の多さと丈の高さで存在感はシシウドが一番のようだ。

 多年草で1回花を咲かせて実を結ぶと枯れるという。セリ科の植物の葉を好むキアゲハの幼虫が乗っていることが多い。

 【写説】沿道に点々と続くシシウド=函南町桑原の県道熱海箱根峠線