ホームステイ先での体験を報告する(左から)須藤さん、藤井さん、早瀬さん、西口さん=市役所

 ■「ジェスチャーで話せた」 

 熱海市教育委員会の「中学生海外研修補助事業」と熱海国際経済交流会の「熱海市・珠海市青少年交流事業」に参加し、今夏海外でホームステイした中学生4人が27日、市役所で斉藤栄市長に帰国報告をした。

 市教委の事業では須藤美波萌さん(熱海2年)、藤井さくらさん(多賀2年)が7月30~8月16日の間、オーストラリア・ビクトリア州で過ごし、現地の中高一貫校に通い、授業を受けた。須藤さんは「皆積極的に声を掛けてくれて優しかった」、藤井さんは「英語が不安だったけれどジェスチャーなどで話せた」と振り返った。

 熱海国際経済交流会の事業で20~23日に中国・珠海市に滞在した早瀬愛梨さん(熱海3年)、西口旭さん(同)は同年代の子どもがいる家に泊まり、交流を深めた。早瀬さんは「中国の言語や文化をたくさん学べた」、西口さんは「日本と違う生活を体験することができてとても楽しかった」と笑顔を見せた。

 斉藤市長は「皆さんがしてきた素晴らしい体験を、これからの生活に生かしてほしい」と呼び掛けた。

 【写説】ホームステイ先での体験を報告する(左から)須藤さん、藤井さん、早瀬さん、西口さん=熱海市役所