熱海市は本年度、子育て中の保護者を対象にニーズ調査を実施する。同市の子育て環境の現状と課題、要望などを整理、分析し、来年度策定する第2期市子ども・子育て支援事業計画(2020~24年度)の基礎資料とする。

 子ども・子育て支援法に基づく同計画における需要量の見込みの設定などに活用する。調査は未就学児童の保護者約900人、小学生児童の保護者1100人、計2千人を対象に実施。国の基本方針やモデル調査票をもとに市独自の設問を加えて調査し、子育て環境の現状、要望などのニーズを把握する。

 10、11月中に調査票を配布・回収し、来年3月末までに報告書を作成する。