県代表として国体に出場する(左から)高田君、片山君、鈴木さん=熱海高

 ■5年連続「全力尽くす」 

 県立熱海高ヨット部の片山昇真君(3年、多賀中出)、高田陽介君(2年、熱海中出)、鈴木久美子さん(2年、伊東北中出)が、福井県で開かれる第73回国体のセーリング競技に県代表選手として出場する。3人は「全力を尽くす」と練習に励んでいる。

 代表は高校総体県予選などの結果で決まり、同部からは5年連続の選出となった。片山君と高田君がペアで少年男子420級、鈴木さんは沼津市の中学生と組み少年女子420級に出る。

 国体は全員が初めてで、片山君は「熱海高だけでなく、県の代表としての緊張感もある。悔いが残らないように全力を出し切りたい」、相棒の高田君は「先輩のためにも精いっぱい頑張って上位を目指す」と話した。鈴木さんは「練習の成果をしっかりと発揮したい」と意気込みを語った。

 大会は29日に開幕し、セーリング競技は30日から4日間、高浜町の若狭和田マリーナ特設会場で行われる。

 【写説】県代表として国体に出場する(左から)高田君、片山君、鈴木さん=熱海高