熱海市議会は18日、議会運営委員会を市役所で開き、9月定例会の議事日程などを決めた。会期は28日から10月23日までの26日間とし、本年度一般会計補正予算、前年度各会計決算の認定、指定管理者の指定など市提案の26議案、常任委員の補欠選任と議員発議2議案の計29議案を審議する。

 初日は午前10時開会で、無投票となった2日告示の市長選で4選を果たした斉藤栄市長と、市議補選で初当選した赤尾光一氏がそれぞれ就任あいさつを述べる。このあと、6月定例会で副議長を退任した竹部隆氏に感謝状を贈呈。斉藤市長が所信表明と議案の提案説明を行う。

 議案に対する質疑と一般質問は10月10、11の2日間行う。