選者の松村さん(左手前)から表彰状を受ける一般の部郵送分・天位の平尾さん=伊豆山のハートピア熱海

 ■25都道府県から1586首 著名歌人迎え授賞式 

 「第67回源実朝をしのぶ仲秋の名月伊豆山歌会」(熱海市主催、伊豆山温泉観光協会共催)が24日、伊豆山のハートピア熱海で開かれた。現代歌壇を代表する歌人4人を迎えて歌会と講演、授賞式を行い、夜には伊豆山神社で「十五夜祭」を催した。

 歌会は一般の部に郵送で25都道府県から280首(うち市内40首)、ジュニア部門は小学生558首、中学生658首が寄せられた。同日は市内外の一般49人から90首の投稿があった。

 選者は歌人の高野公彦さん、佐伯裕子さん、梅内美華子さん、松村正直さんが務め、一般の部は郵送と当日投稿に分けてそれぞれ天位、地位、人位と次点を決めた。ジュニア部門は梅内さんと松村さんが選にあたった。

 開催にあたり新村茂昭教育長は、市内で晩年を過ごした歌人・国文学者佐佐木信綱の尽力で始まった歌会の歴史を振り返り「この歌会により皆さんがますます精進し、歌を通して深く、豊かな人生を過ごしてほしい」とあいさつした。

 講演は高野さんが「月の歌、天体の歌」と題して行った。「月の歌はたくさんある」と語り、万葉集や古今集の歌から昭和の歌人の作品までを取り上げて解説した。

 伊豆地区と近隣の入選者は次の通り。

 ◇一般の部・郵送分◇

 【梅内美華子選】地位 小川けい子(熱海市)▽次点 沢田詩織(同)福崎享子(三島市)

 【松村正直選】天位 平尾浩一(熱海市)▽地位 壺井和子(同)▽人位 岸浩子(同)▽次点 福崎享子(三島市)

 ◇同・当日分◇

 【高野公彦選】人位 山田弘子(三島市)

 【佐伯裕子選】人位 山田弘子(三島市)

 【梅内美華子選】天位 尾崎知子(湯河原町)▽地位 岸浩子(熱海市)

 【松村正直選】人位 白井君代(熱海市)

 ◇ジュニアの部・小学生◇

 【梅内美華子選】天位 渡辺晃平(第二6年)▽地位 屋代玲羽(第一6年)▽人位 高坂徠(泉6年)▽次点 加賀牡丹(多賀5年)佐々木彪(第二6年)渡辺もも(第一6年)島田渚生(多賀6年)関野心々奈(第二5年)

 【松村正直選】天位 山田凌玖(多賀5年)▽地位 菅野倖太郎(第二6年)▽人位 角田北穂(第一6年)▽次点 中村和未(桃山6年)長島椛(伊豆山6年)土居夏菜(多賀5年)内田慈樹(同)関野冬麻(同6年)

 ◇同・中学生◇

 【梅内美華子選】天位 横井日々喜(熱海3年)▽地位 柿田莉緒(同2年)▽人位 当摩由奈(同3年)▽次点 小松愛(同)小城悠亜貴(同)高波吏玖翔(同1年)中村咲智(同3年)堀江真央(多賀1年)

 【松村正直選】天位 安保英美(熱海1年)▽地位 大川真望(多賀1年)▽人位 小城悠亜貴(熱海3年)▽次点 鈴木朋花(同2年)石田篤生(同)前岡海音(同)中村咲智(同3年)坂本紗花(同)

 【写説】選者の松村さん(左手前)から表彰状を受ける一般の部郵送分・天位の平尾さん=伊豆山のハートピア熱海