■要望受けて企画 思い出振り返る機会に

 今月末で39年の歴史に幕を閉じる熱海市立姫の沢自然の家は29、30の両日、施設を公開し「見学会」を催す。午前10時から午後3時まで、自由に施設内を見学できる。佐藤康弘所長は「自然の家での思い出を振り返る機会にしてもらえたらうれしい」と話す。

 1980年に社会教育の場として開所して以降、市内の小中学校の自然教室や通学合宿、市内外のスポーツ団体の合宿などにも活用され、延べ58万8千人の利用があった。閉鎖を知ったかつての利用者から「写真を撮りたい」といった問い合わせもあったことから、最後の2日間、市民らが自由に見学できるように企画した。

 予約は不要。車で訪れる場合は、姫の沢公園のサザンカ駐車場を利用する。

 問い合わせは姫の沢自然の家〈電0557(83)5301〉へ。