もみじまつりをPRするポスター

 熱海市観光協会は11月17日~12月9日に開催する「熱海梅園もみじまつり」のポスター、チラシを作製し、PRを開始した。今年は開幕を1週間ほど遅らせ、同協会は「紅葉を一層楽しんでもらえるようになると思う」と話す。

 ■開幕遅らせ「満喫を」

 近年、まつり開幕時に色づいている葉は少なく、終了後も紅葉が残っていた。最初から最後まで紅葉を満喫してもらうことを狙い、まつりの期間をずらしたという。

 ポスターはB2判で700部、チラシはA4判で5万部を作った。紅葉と草の緑のコントラストが目を引く写真を使い、ライトアップやジャズ演奏といった期間中のイベント日程を添えた。チラシは裏面に園内のマップとライトアップエリア、イベント情報を載せた。旅行代理店や県の観光関連団体、市内宿泊・観光施設などに配ってPRしている。

 問い合わせは同協会〈電0557(852222)〉へ。

 【写説】もみじまつりをPRするポスター