熱海市チャレンジ応援センター「A―biz(エービズ)」は、個店の販売力の引き上げを狙いに、座学から催事出店での実践までを組み込んだ「商売繁盛プログラム」を11日にスタートする。参加者を募っている。

 販売接客セミナー、市内催事の出店を経て、横浜市の東急百貨店日吉店で来年2月に開催の「伊豆半島食の祭典」への出店・販売を目指してもらう。

 第1段階のセミナーは11日午後2時から、熱海市役所で開く。JR山形新幹線「つばさ」の元車内販売員茂木久美子さんが講師となり、売り方のこつを伝授する。参加無料で、定員10人。地元催事および同祭典への出店希望者は、同セミナーの受講が条件となる。

 地元催事は11月11日の「あたみ魚祭り」と同25日の「海辺のあたみマルシェ」。出店に向け、陳列方法や店づくりの相談に応じる。

 伊豆半島食の祭典への出店は食品のみで、希望事業者は、10月19日午後1時半から伊豆市役所で開かれる販売促進会議に出席する。

 詳しくはエービズ〈電0557(86)6200〉へ。