長寿介護課に開設された在宅医療・介護連携センター=市役所

 熱海市はこのほど、「在宅医療・介護連携センター」を市長寿介護課窓口に開設した。同課の保健師が患者と家族らの相談に応じ、必要な訪問医療や介護サービスを紹介するなどして在宅生活をサポートする。

 従来は医療、介護など相談内容によって異なっていた窓口を一本化。退院後の在宅医療、訪問介護やデイサービスといった在宅介護サービスの紹介、手続きの支援などを行う。必要に応じて医師会や歯科医師会、薬剤師会、地域包括支援センター、介護サービス提供事業者連絡協議会といった関係機関と連携し、コーディネート業務も担っていく。

 同課の担当者は「在宅医療・介護にどんなメニューがあるのか知らない人も多く、必要な情報を提供し、安心して在宅生活を続けられるようお手伝いしたい」と話した。相談受け付けは平日午前8時半~午後5時15分。問い合わせは同課〈電0557(86)6336〉へ。

 【写説】長寿介護課に開設された在宅医療・介護連携センター=熱海市役所