第2分団分団詰め所が移転する予定の市来宮駅前駐輪場=福道町

 ■市が本年度老朽化で改築 来年度中に完成へ

 熱海市は本年度、福道町にある市消防団第2分団詰め所の移転改築事業に着手する。移転先は県道熱海函南線をはさんで、現詰め所向かいにある市来宮駅前駐輪場の一角で、来年度中の完成を目指している。

 鉄筋コンクリート造り5階建ての現詰め所は1975年落成で、40年以上経過して老朽化し、耐震性も現行基準を満たしてないことから建て替える。移転先はJR来宮駅ロータリー横の駐輪場に使用している市有地約400平方メートル。駐輪場のレイアウトを見直して建設する方向で検討している。

 施設規模は17年度に移転改築した第3分団詰め所(鉄骨造り2階建て延べ床面積142平方メートル)と同程度を想定。1階に車庫と資機材庫、待機室、2階に研修室などを配置する予定という。事業は測量、設計を経て来年度中の着工、完成を見込んでいる。新駐輪場も併せて整備する。

 市消防本部の担当者は「消防団詰め所は地域防災の拠点。新詰め所の整備で防災力をさらに高めたい」と話した。

 同市は11個分団の各詰め所について必要に応じて改築・改修を進めてきた。第2分団の事業で改築は一段落するという。

 【写説】第2分団分団詰め所が移転する予定の市来宮駅前駐輪場=熱海市福道町