駅利用者(左)にポリオ撲滅への理解と協力を呼び掛ける会員=田原本町のJR熱海駅前

 熱海南ロータリークラブ(鈴木和子会長)は18日、感染症のポリオ撲滅キャンペーンを熱海市田原本町のJR熱海駅前で行った。

 国際ロータリークラブが1979年から世界的に展開する活動。会員8人がそろいのたすきをかけ、のぼり旗を手に参加した。

 会員は駅利用の市民や観光客に啓発物を配り、わが国でもかつて小児まひの名で猛威を振るったポリオが撲滅寸前まできていることをアピール。ワクチンによる予防のための募金も行った。

 鈴木会長は「現在の感染者はアジア2カ国で13人。あと一歩のところにきている。ぜひ協力してほしい」と話した。

 【写説】駅利用者(左)にポリオ撲滅への理解と協力を呼び掛ける会員=田原本町のJR熱海駅前