色鮮やかなざる菊が見頃を迎えたハルカスガーデン=泉

 ■1週間ほど遅れも生育良好

 熱海市泉の花の庭園「ハルカス・ガーデン」でざる菊の花が見頃を迎え、愛好者らを楽しませている。

 ざるを伏せたような形状に育ち、1株に直径2、3センチの花を数千つける。高齢者の健やかな生活を支援するNPO法人グランベルテが運営する同園は6年前にオープンし、現在鉢と露地で約千株栽培している。

 今年は開花が平年に比べて1週間ほど遅れたが生育良好。赤や白、オレンジ、黄色の花がこんもりと咲き誇る花が華やかで温かな風情を醸している。立石吉輝園長は「多くの人に見ていただきたい」と来場を呼び掛けた。

 12月上旬まで楽しめそう。開花期に合わせて園内では「熱海湯河原 華菊フェスティバル」(今月28日まで)を開催中で、野菜や果実の販売なども行っている。入園料は一般300円。問い合わせは同園〈携帯090(2470)3337〉へ。

 【写説】色鮮やかなざる菊が見頃を迎えたハルカスガーデン=熱海市泉