グッドデザインしずおか特別賞を受賞した「キョウギ」を手に喜びを語る西島洋輔さん=網代の西島木工所

 ■西島木工所が商品化 

 熱海市網代にある建具の「西島木工所」(西島則雄代表)が商品化した木のブックカバー「Ky〓gi(キョウギ)」が、県の「2018グッドデザインしずおか」特別賞を受賞した。木目が見て触れて心地良い自慢のアイデア商品の受賞に、関係者は「これを励みに各方面に売り込みたい」と喜んだ。

 縮小する建具市場を背景に、生き残りをかけて商品化した同社渾身(こんしん)の木工製品。木材加工の過程で生じるかんなくずの有効利用を模索する中で考案し、林業関係者との共同開発を経て2009年に売り出した。

 商品は厚さ約0・05ミリ、幅10センチにスライスした杉、キリなどの木材を貼り合わせ、杉皮入りの和紙や千代紙で縁取りしている。製造過程で耐久性、柔軟性を高める特殊加工を幾重にも施しており、その商品力は各方面で高い評価を獲得。皇太子殿下をお迎えして12年に伊豆市で行われた第34回全国育樹祭では、記念品として参加者に贈られた実績もある。

 グッドデザインしずおかは、2次審査止まりだった昨年のコンパクト仏壇に続く2回目の挑戦で、応募77点の中から大賞、金賞などに次ぐ特別賞に輝いた。西島社長の長男で同社木工プロデューサーの洋輔さん(32)は「自信になる。木工製品の温かさ、魅力を多くの人に伝えていくために今後も新商品の開発などに取り組んでいく」と話した。

 キョウギは市内の一部ホテルなどでも販売している。価格は文庫版サイズで税別1500円。問い合わせは西島木工所〈電0557(68)1826〉へ。

 【写説】グッドデザインしずおか特別賞を受賞した「キョウギ」を手に喜びを語る西島洋輔さん=熱海市網代の西島木工所

 〓はマクロン付きO小文字