劇「天空の城初島」で生き生きとした演技を見せる子どもたち=初島小中

 ■子どもたちが舞台、作品展示

 熱海市初島区の「第36回文化祭」が8日、市立初島小中で開かれた。同校の児童・生徒、初島保育園の園児を中心に舞台でステージ発表、作品展示を行った。頑張る子どもたちの姿に保護者や住民は目を細め、楽しいひとときを過ごした。

 全校劇「天空の城初島」では、遊び場が欲しい児童・生徒4人が、魔法でジブリ映画の世界と合体した初島で冒険する物語を生き生きと演じた。仮装した子どもたちが「遊び場のご検討をよろしくお願いします」と来賓や住民に呼び掛ける場面もあり、笑いを誘った。

 ロケラニ・フラダンスクラブによるフラダンスや、富士急マリンリゾート社長の鈴木淳郎さんのギター演奏も花を添えた。作品展示は子どもたちの絵画、PTAや教員による手工芸品などが展示され、来場者の目を引いた。

 【写説】劇「天空の城初島」で生き生きとした演技を見せる子どもたち=熱海市の初島小中