掘り出したサトイモを手に笑顔を見せる児童=伊豆の国市浮橋の大仁瑞泉郷大仁農場

 ■21家族51人楽しむ

 熱海市主催の食育体験ツアーがこのほど、伊豆の国市浮橋にある大仁瑞泉郷大仁農場で行われ、市内の小学生と父母ら21家族51人が根菜の収穫と調理体験を楽しんだ。

 日頃口にしている食材がどのように作られているかを学ぶ食育体験活動。同農場と遊休農地の活用に取り組むNPO法人チーム里庭の協力を得て6月にサトイト、サツマイモ、ニンジンの苗を植え付け、この日の収穫体験となった。

 関係者によると、作柄良好でサツマイモなどは大きく肥大した。子どもたちは掘り出したイモを自慢げに披露し合い、収穫した野菜を使って豚汁、学校給食でおなじみの味覚サラダ、スイートポテトなどを作った。完成した料理は屋外のテントで試食した。子どもらは「おいしい」を連発し、盛んにお代わりした。

 体験後は「楽しかった」「手のひらの上で豆腐を切るのがドキドキした」などと感想を語った。

 【写説】掘り出したサトイモを手に笑顔を見せる児童=伊豆の国市浮橋の大仁瑞泉郷大仁農場