「足湯養生法」のノウハウを紹介する小冊子

 ■「疲労回復、健康の一助に」 

 熱海市の団体「熱海養生法実行委員会」はこのほど、温泉を活用した健康づくりプログラム「足湯養生法」のノウハウをまとめた小冊子を発行した。JR熱海駅前の足湯「家康の湯」での体験会などで配布し、普及を図る。佐野雄二代表は「家庭でも復習・実践し、疲労回復と健康に役立ててもらえたらうれしい」と話す。

 血行促進と足つぼ健康法で、NPO法人エイミックが運動療養プログラム「熱海養生法」の“足湯版”として考案、普及してきた。同NPOの解散後、活動を継承する同実行委員会は、NPO法人ライフ熱都(ネット)主催の「熱海温泉元気アップセミナー」で二つの養生法を紹介することになり、同NPOと共にマニュアル作りを進めた。

 A4判8ページで、足指のマッサージ、足首運動、ふくらはぎの指圧、足裏のつぼの指圧、すねのストレッチと指圧の5項目に分け、実施マニュアルを掲載した。つぼの位置などが分かりやすいように写真や図で示し、熱海養生法の紹介も盛り込んだ。

 千部作り、9日に起雲閣で開かれる「熱海温泉元気アップセミナー」を皮切りに、「家康の湯」で月2回実施の足湯養生法無料体験会や来年2月に実施する「足湯養生法インストラクター養成講座」の参加者らに配る。

 問い合わせは佐野さん〈携帯090(2689)3253〉へ。

 【写説】「足湯養生法」のノウハウを紹介する小冊子