寒さが戻り足湯でくつろぐ観光客ら=JR熱海駅前

 春を思わせるぽかぽか陽気から一転、6日は熱海市内外で冬の寒さが戻った。静岡地方気象台によると、中旬にかけて10度前後と平年並みの気温になるが、激しい寒暖差による体調悪化などに注意が必要となる。

 市内では同日、午前中から雲が広がり、時折小雨が降った。最高気温は15・3度で、21度を超えた4、5日より6~7度ほど低かった。

 JR熱海駅前では、足湯・家康の湯に入ってくつろぐ観光客らの姿が目立った。東京都足立区の杉田忠志さん(64)は「あまり寒すぎても困るが、ある程度気温が低いほうが温泉はより気持ちよく入れると思う」と笑顔を見せた。

 【写説】寒さが戻り足湯でくつろぐ観光客ら=JR熱海駅前