本殿のすす払いをする神職と巫女=来宮神社

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)で13日、大掃除が始まり、本殿では神職や巫女(みこ)がすす払いなどの作業に励んだ。

 敷地内で切り出した長さ5メートル前後のササを使い、天井や梁(はり)にたまったほこりを取り除いた。年末ならではの光景に、足を止めて見入る参拝者もいた。

 同神社では本殿と参集殿の大掃除を2日間かけて行う。関係者約20人が出て、隅々まで清めて新年を迎える準備を進める。権禰宜(ごんねぎ)の三木文裕さんは「1年間の感謝の気持ちを込めて作業している。初詣をする皆さんに、気持ちよく参拝していただけるようにしたい」と話した。

 【写説】本殿のすす払いをする神職と巫女=熱海市の来宮神社