小中学生が工夫を凝らした力作が並ぶ「明るい選挙啓発ポスター」作品展=市立図書館

 熱海市明るい選挙推進協議会(高石文夫会長)による「明るい選挙啓発ポスター」作品展が19日、市立図書館で始まった。市内小中学生の優秀作品(特選、準特選)41点を展示、紹介している。

 本年度は小学生18点、中学生538点の計556点の応募があり、審査で特選10点、準特選31点、入選45点を選んだ。特選作品は県審査会に進み5点が入選、うち3点が中央(全国)審査会に出品された。中央出品作については複写を並べた。

 制服姿で投票する女子生徒の絵に「十八歳から明るい選挙」という文言を添えた作品や、「18歳になったら選挙へ行こう!」と板書する様子を描いた作品など、選挙権年齢が18歳に引き下げられことをアピールするポスターもあり、それぞれ表現に工夫を凝らした力作が来館者の目を引いている。

 28日まで(月曜休館)。時間は午前9時~午後6時。

 【写説】小中学生が工夫を凝らした力作が並ぶ「明るい選挙啓発ポスター」作品展=熱海市立図書館