嘱託書の交付を受ける菅原さん(左)=熱海署

 ■訓練士菅原さん所有

 熱海署は20日、警察犬と訓練士への嘱託書交付式を同署で開いた。警察犬訓練士・菅原小夏さん(43)=熱海市泉=と、いずれも雌のシェパード犬イブ・フォン・シュテルン・ホシノ号、エヴァ・オブ・サラ・ロブスタ号が奥田交治署長から交付を受けた。期間は2019年1月1日から1年間。

 嘱託はイブ号が通算5年目でエヴァ号は初めて。2匹は犯人の追跡や行方不明者の捜索に当たる。

 嘱託書を手渡した奥田署長は「捜査には警察犬の力が欠かせない。1年間一緒になって活躍してほしい」と呼び掛けた。菅原さんは「2匹と力を合わせて、成果を出せるように頑張っていきたい」と話した。

 市内では4月から12月20日現在までに、事件で1回、行方不明者捜索で2回警察犬が出動しているという。

 【写説】嘱託書の交付を受ける菅原さん(左)=熱海署