エンジンルーム付近から出火したワンボックス車を調べる消防署員=網代

 ■統計史上2番目155日

 25日午前10時45分ごろ、熱海市網代の市道で旅館の送迎用ワンボックス車が燃える車両火災が発生した。けが人はなかった。7月22日の建物火災を最後に続いていた同市消防本部統計史上2番目に長い無火災記録は155日でストップした。

 熱海署と市消防本部によると、国道135号を伊東方向に走行中のワンボックス車を運転していた男性(58)が助手席側の車両下部から火と煙が上がってることに気づき、脇道に入って停車。通りかかった石油販売店関係者が車に積んでいた消火器で消火した。

 出火当時、車両に乗っていたのは運転していた男性1人。出火元は運転席下のエンジンルーム付近とみられる。出火原因は調査中。

 【写説】エンジンルーム付近から出火したワンボックス車を調べる消防署員=熱海市網代