行楽・帰省ラッシュが本格化し利用客で混雑するJR熱海駅=田原本町

 年末年始を行楽地やふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュが29日本格化し、伊豆各地の鉄道駅や幹線道路は終日混雑した。

 JR東日本、同東海によると、東海道新幹線は東京発下りこだまがほぼ満席、特急踊り子号は若干空席があった。伊豆東海岸、南伊豆方面の玄関口である熱海市のJR熱海駅は午前中から利用者で混雑し、改札を出た帰省客は出迎えの家族や親戚に笑顔を見せ、行楽の家族連れやカップルは楽しげな様子で観光施設などに向かった。

 同市内の旅館で友人2人と年末年始のアルバイトをするという京都市の大学1年西川遼一さん(19)は「温泉地でバイトをしたかったので行きの電車の中でもワクワクしていた。伊豆を満喫したい」と言って駅から旅館の送迎バスに乗り込んだ。

 道路は国道135号が伊豆山、和田浜南、上多賀などで一時渋滞したほか、熱海駅周辺が終日混雑した。

 鉄道、道路の下りは31日まで混み合い、上りは2~5日に混雑するとみられる。

 【写説】行楽・帰省ラッシュが本格化し利用客で混雑するJR熱海駅=熱海市田原本町