夜間巡回に当たる団員を激励する桜井団長(左)=泉

 年末消防特別警戒(31日まで)に合わせ、熱海市消防本部や市消防団は警戒本部の設置、夜間巡回などの火災予防活動を実施している。29日夜は桜井佳久団長と稲田達樹消防長が、初島地区を除く市内の消防団詰め所を巡視し、団員を激励した。

 第5分団(泉)では約20人が巡回に参加。桜井団長は、今年155日間の無火災記録を達成したことに触れ「皆さんの協力があって歴代2番目に長い無火災記録となった。記録は途切れてしまったが、新たな気持ちで警戒をお願いしたい」と呼び掛けた。稲田消防長は「無火災期間がまた1日でも長く続くよう協力していただきたい」と話した。

 【写説】夜間巡回に当たる団員を激励する桜井団長(左)=熱海市泉