七草がゆを味わう参拝者=来宮神社

 ■「災いのない一年に」 

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)は7日、参拝者に七草がゆを振る舞った。初詣で訪れた家族連れなどが温かなかゆを味わいながら、一年間の無病息災を願った。

 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草と奉納された米を使い、2千食分を用意した。

 参拝者は振る舞いを受けると大喜び。「二重に幸せ」「災いのない年になるといい」などと話しながら味わう団体客もいた。長男(6)の誕生日旅行で訪れたという相模原市の松本理恵さん(36)は「ここで七草が食べられるとは思わなかった。これで家族が一年元気に過ごせると思う」と笑顔を見せた。

 【写説】七草がゆを味わう参拝者=熱海市の来宮神社