斉藤市長から表彰状を受ける子どもたち=MOA美術館

 ■42人、17団体表彰

 熱海市青少年健全育成市民会議(野田正身会長)は20日、「第18回アタミ・ジュニア・グランプリ表彰式」を桃山町のMOA美術館能楽堂で開いた。文化・芸術・学問、スポーツ、奉仕・ボランティアの各部門で活躍した児童・生徒42人と17団体を表彰し、日頃の努力と功績をたたえた。

 野田会長はあいさつで「夢や目標をかなえるためには決して諦めないことが大事。挫折を乗り越えることが人生の糧となり自信となる」と語り掛けた。同会議名誉会長の斉藤栄市長は「努力しなければ成長は止まる。引き続き新しい目標を設定し努力をしてほしい」と呼び掛け、表彰状を手渡した。

 式では来賓の奥田交治・熱海署長、相川守・熱海ライオンズクラブ会長が祝いと励ましの言葉を贈った。

 地域の子どもの努力や善行を発掘、評価して健全育成を図ろうと継続している褒賞事業。同クラブと市教育委員会が後援、市PTA協議会が協賛した。

 表彰者は次の通り。

◇小学校◇

 【個人】カ・シイク(第一5年)川口仁史(同6年)山田翔太(第二6年)藤井優羽(多賀6年)

 【団体】※いずれも2017年度 泉1、2、3、4、5年、桃山2年、多賀男子、同女子、同5年1、同5年2組、網代1・2年、3、4、5年

◇中学校◇

 【個人】塚越朱音(泉3年)大野希実(熱海1年)藤沢千聖(同)金井三菜美(同2年)古株俊輔(同3年)真田悠太郎(同)中田百美(同)原璃流夏(同)浜里愛海(同)豊嶋望生(同)永山夢菜(同)佐藤亮太(同)田中千尋(初島3年)小山ひかる(多賀1年)板垣くるみ(同3年)時枝芽映(同)稗田真優(同)川口陽大(同)マリオン・カール(同)清水堅介(同)赤津秀和(同)四之宮優(泉2年)星野凛(熱海1年)武井陽奈(同)波津秀紀(同)森本七海(同3年)足立怜奈(同)東由珠(同)甲斐菜斗希(同)小松陸(同)岩沢月詞(多賀2年)山田小夏(同3年)渥美寿未(同)小安梨央(同)時枝芽映(同)杉本碧波(同)黒川晴斗(同)

◇高校◇

 【個人】沢田詩織(沼津西3年)鈴木芽吹(佐久長聖2年)

 【団体】熱海高ボランティア部、同エイサー部、同ヨット部

 【写説】斉藤市長から表彰状を受ける子どもたち=熱海市のMOA美術館