「花は咲く」の合唱指導に当たる前田さん=泉小中

 ■ソプラノ歌手前田さんら招く

 熱海市立泉小中(堀之内伸治校長、児童47人、生徒25人)は21日、東京都内などで活動するソプラノ歌手前田多鶴さんらを「夢先生」として招き、合唱指導を受けた。児童・生徒はプロ歌手のアドバイスを生かし歌声を響かせた。

 児童・生徒は「花は咲く」を合唱。「言葉の意味を捉えて歌うといい」「表情を豊かにして歌うと声が明るくなる」と助言を受け、練習を重ねた。

 女子生徒が「高い声を出すためはどうしたか良いか」と質問すると、前田さんは「口を閉じた状態で猫や犬の鳴きまねを試してほしい。喉の奥が開かないと高音は出せない」と話した。

 前田さんとバリトン歌手の藤沢龍弥さんによるオペラ「魔笛」の「パパパの二重奏」や滝廉太郎の「箱根八里」などの披露もあり、児童・生徒はマイクなしでも響くオペラ歌手の歌声に驚き目を見張った。

 【写説】「花は咲く」の合唱指導に当たる前田さん=熱海市の泉小中