社殿に放水し延焼を防ぐ訓練に取り組む消防署員=桜町の今宮神社

 「文化財防火デー」(26日)を前に熱海市消防本部は25日、桜町の今宮神社で消防訓練を行った。氏子総代らと協力して初期消火、放水などの訓練を繰り広げ、火災への備えを徹底した。

 同本部から15人、町内会、氏子総代会から役員ら8人が参加。社殿から出火し、関係者が消火器で初期消火と参拝者の避難誘導、宝物の運び出しを行う一方、通報で駆けつけた消防士が社殿への放水などを行った。

 同神社は高さ約33メートルのクスノキを中心とした社叢(しゃそう)が市の文化財に指定されている。訓練では社殿への放水に加え、地上に延ばしたホースから水が幕状に噴き出す水幕ホースを使って鎮守の森への延焼を防ぐ訓練を行った。泉明寺みずほ宮司は「先祖代々大切に守られてきた神社。防火に努め、万一の備えをしていきたい」と話した。

 文化財防火デーは1949年1月26日に現存する世界最古の木造建築である奈良県の法隆寺金堂が火災で焼損したことを教訓に55年に制定された。

 【写説】社殿に放水し延焼を防ぐ訓練に取り組む消防署員=熱海市桜町の今宮神社