伊豆の自然をオープンエアーで楽しんでもらおうと熱海営業所に配備されるオープンカー(イメージ写真・JR東日本提供)

 ■静岡DCの4~6月、潮騒感じドライブを

 JRグループが4月から展開する大型観光宣伝「静岡デスティーネーションキャンペーン(DC)」で、JR東日本横浜支社とJR東日本レンタリースは駅レンタカー熱海営業所でオープンカーのレンタルを行う。駅レンタカーとしては伊豆地区初の企画。4~6月の期間限定で、2月1日午前10時から予約受け付けを開始する。

 2次交通を拡充し、鉄道利用の促進と伊豆地区の観光流動の活性化を図る特別企画。用意する車はマツダの「ロードスターSスペシャルパッケージ」で、赤色のオートマチック車2台を配備する。料金は税込み3時間4860円、1日9720円と、小型車並みの特別料金とする。配車と返却は熱海営業所で、他営業所への乗り捨てはできない。

 静岡DCの一環として駅レンタカー利用者への特典も用意する。伊豆地区各営業所で配布する利用証明書を伊豆シャボテン動物公園、下田海中水族館、黄金崎クリスタルパークなどの協賛観光施設、飲食店20カ所で提示すると、利用料や商品の割引サービスを受けることができるようにする。

 横浜支社の担当者は「潮騒や花の香りを感じながら伊豆のオープンドライブを楽しんでほしい」と話した。

 詳しくは駅レンタカー熱海営業所〈電0557(82)1382〉へ。

 【写説】伊豆の自然をオープンエアーで楽しんでもらおうと熱海営業所に配備されるオープンカー(イメージ写真・JR東日本提供)