節分祭の景品を確認する委員たち=来宮神社

 ■江原啓之さんら参加

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)の節分祭祭典委員会(岸秀明委員長)は30日、神社参集殿で節分祭の景品の準備、確認作業を行った。

 景品は最新型の掃除機、空気清浄機、肩もみ機、同神社の写真入りオリジナル・クオカード、ペア宿泊券などをそろえた。福豆8千袋のうち1020袋に当たり券が付く。

 第2回祭典委員会に合わせ、責任当番町の咲見町町内会から25人が出て作業に当たった。会議では準備の進捗(しんちょく)状況を確認し、当日に備えた。

 節分祭の2月3日は午後4時からの「開運厄除祈願祭」に続き、4時半から「追儺(ついな)豆まき式」を行う。特別年男・年女として同神社特別崇敬者でスピリチュアリストの江原啓之さんや俳優黒田アーサーさん、歌手三沢あけみさん、市内出身の舞台女優木島多美子さん、市内に住む歌手高瀬一郎さんら約200人が参加、障害者生活介護事業所「陽光の園」の利用者4人も加わる。

 【写説】節分祭の景品を確認する委員たち=熱海市の来宮神社