フラワーバレンタイン企画でミニブーケを受ける来園者=アカオ・ハーブ&ローズガーデン

 熱海市のアカオ・ハーブ&ローズガーデンで9日、地元生花店とコラボした「フラワーバレンタイン・イベント」が始まった。ミニブーケや花苗をプレゼントし、来園者を喜ばせた。

 菜の花やあたみ桜の見頃に合わせたお花見限定イベントの一環。フワラーバレンタインを推進する花の国日本協議会公認の企画として実施した。

 市内の生花店「花と緑のキタザワ」のスタッフが県内外の生産者の協賛を得て集めたバラ、ガーベラといった生花でミニブーケを作り、来園者に贈った。千葉県の女性(23)は「花をもらえるとは思わなかった。家に飾りたい」と笑顔を見せた。同店の渡辺浩子さんは「花に親しむきっかけにしてもらえたらうれしい」と話した。

 園内には花で飾ったフォトスポットも設けている。同企画は11日まで。ミニブーケ、花苗のプレゼントは各日先着200人が対象。問い合わせは同施設〈電0557(82)1221〉へ。

 【写説】フラワーバレンタイン企画でミニブーケを受ける来園者=熱海市のアカオ・ハーブ&ローズガーデン