「春の海」を情感たっぷりに奏でる滝沢さん=熱海市の起雲閣

 熱海市昭和町の起雲閣で9日、国際的に活躍するピアニスト滝沢三枝子さんのピアノリサイタル(滝沢三枝子の音楽を聴く会静岡支部・日本スペイン音楽文化協会主催、熱海新聞後援)が開かれた。滝沢さんの情熱的かつ繊細な演奏に40人が酔いしれた。

 宮城道雄の「春の海」を皮切りに、ドビュッシーの「月の光」などクラシックの名曲を次々と披露。作曲家のエピソードや作品の解説も交えた。バイオリニストの柴田恵奈さんとの協演では「タイスの瞑想(めいそう)曲」「ツィゴイネルワイゼン」を情感たっぷりに奏でた。

 聴衆は目を閉じて旋律に浸ったり、リズムに合わせて体を揺すったりと思い思いに音楽を楽しんだ。

 滝沢さんは国内外で精力的にコンサートを行っている。熱海で演奏するのは11回目。

 【写説】「春の海」を情感たっぷりに奏でる滝沢さん=熱海市の起雲閣