感謝を交えて答辞を述べる萩原君=熱海高

 ■萩原君答辞「3年間は大きな宝物」

 熱海高で1日、第70回卒業証書授与式が行われた。82人の卒業生が恩師や後輩らの祝いと励ましを受け、それぞれの進路に向かって学びやを巣立った。

 クラス代表の米沢亜美さん、萩坂裕輝君、秋山悠斗君が杉山禎校長から卒業証書を受けた。生徒会長を務めた萩原拳一君は「3年間は大きな宝物になった」と振り返った上で共に学んだ仲間や支えてくれた教職員、家族への感謝を交え「私たちは家族の愛情を支えに自分の道を歩んでいく」と答辞を述べた。皆勤者5人、精勤者6人が紹介され、代表して足立彩名さんが賞状を受けた。

 杉山校長は卒業生の活躍を振り返り「つまづいた時も目先の成功にとらわれず、生きていく上での大切な基礎を固め、焦らず努力を積み重ねてほしい。いつの日かきっと花が咲く日があることを信じて堅実に生きてほしい」と式辞を述べた。来賓の斉藤栄熱海市長は「一歩を踏み出す勇気を持って、新しい時代をつくってほしい」と呼び掛け、萩原辰生・PTA会長、杉山利勝・後援会長も祝いの言葉を贈った。

 皆勤賞、精勤賞の受賞者は次の通り。

 皆勤賞 石井雅也、足立彩名、萩坂裕輝、佐藤悠大、秋山悠斗▽精勤賞 会沢明華、木部朝夏、大村冬弥、萩原拳一、平井陸羽、坂野大志

 【写説】感謝を交えて答辞を述べる萩原君=熱海市の熱海高