スイーツを味わいながら楽しく語らう参加者=春日町の熱海ガス

 ■「レモナキッチン」活用 親子38組が交流 4月から第3月曜に開催

 熱海ガス(北村雅一社長)が開設する子育てサロン「ママキッズの輪」が2日、熱海市春日町の同社ショールーム「レモナキッチン」でスタートした。市内の親子38組39人が集まり、スイーツバイキングなどを楽しみながらゆったり交流した。同社は4月以降も定期開催していく方針。

 若年層の利用が少ないショールームを活用し、「引きこもりがちなお母さんが笑顔になれる場を提供しよう」と初開催した。同日はスイーツバイキング、ハンドマッサージ、色で感情や精神状態を知るオーマソーマ、キッズコーナーを用意し、1組500円で開放した。

 参加した母親はスイーツの食べ比べなどを楽しみながら子育てや家族、日々の生活について語り合い、リラックスした時間を過ごした。キッズコーナーでは子どもたちが伸び伸び遊び回った。4歳と3カ月の子どもと参加した網代の柏原恵子さん(43)は「網代は子どもが少なく、家に引きこもりがち。こんな場があるとうれしい。今後もぜひ参加し、ママ友をつくりたい」と朗らかに語った。

 同社営業部開発グループマネージャー・森下勝美さん(51)は「公益的事業を行う企業として、町づくりに貢献したい。『熱海応援プロジェクト』として続けていく」と話した。

 4月以降は毎月第3月曜午前10時~午後1時の開催で、料理とデザートの調理体験、占いなどの内容で行う。参加は予約制。詳しくは同社〈電0557(83)2141〉へ。

 【写説】スイーツを味わいながら楽しく語らう参加者=熱海市春日町の熱海ガス