“サロンのおばあちゃん”から卒園祝いのプレゼントを受ける和田木保育園の5歳児=和田木公民館

 ■5歳児に卒園祝い

 熱海市下多賀の地域サロン「和田木生き生きサロン」は4日、卒園を控えた市立和田木保育園の5歳児14人を和田木公民館に迎え、“卒園祝いのセレモニー”を開いた。ノート、鉛筆、消しゴムのセットを一人一人にプレゼントし「小学校でも頑張って」とエールを送った。

 同サロンの会員は園児と定期的に交流を重ね、成長を見守ってきた。卒園記念のプレゼントは例年、職員に託していたが、「顔を合わせてお祝いをしたい」といった会員の声を受け本年度初めて“セレモニー”を実施した。

 代表の寺田かな江さん(79)らがプレゼントを手渡すと園児たちはニコニコ顔で、「1年生になっても頑張ります」と声をそろえた。また「はじめの一歩」を元気いっぱい歌い、“サロンのおじいちゃん・おばあちゃん”の笑みを誘った。

 記念撮影の後、会員は園児と順番に握手を交わし、「頑張ってね」などと声を掛けながら触れ合いのひとときを楽しんだ。川口君子さん(81)と寺田さんは「子どもたちの成長ぶりに感動した」「これからも“生き生きサロンのおばあちゃん”として成長を見守りたい」と口々に話した。

 同保育園の卒園式は19日に開かれる。

 【写説】“サロンのおばあちゃん”から卒園祝いのプレゼントを受ける和田木保育園の5歳児=熱海市和田木公民館