10月の例大祭に向けて御鳳輦奉仕の決意を語る岩瀬会長=桜町の今宮神社

 ■会長に岩瀬さん選出

 熱海市桜町の今宮神社で23日夕、2019年度厄年奉賛会設立総会が開かれた。御鳳輦(ごほうれん)奉仕を担う会員、来賓約50人が出席して会の名称を「今宮元祷会(げんとうかい)」とし、会長に岩瀬勝也さんを選んだ。

 あいさつで岩瀬会長は「新元号となって最初の御鳳輦。会員が心を一つにし、後に楽しかったと思えるような活動をしていく」と決意表明した。同神社の泉明寺みずほ宮司は「少子化が進んでおり、伝統の通りにやる必要はない。良いところだけを抽出して精いっぱい奉仕してほしい」、八代一雄氏子総代長は「歴史の継承に誇りと喜びを持ち、地域に感謝して頑張ってほしい」と激励した。

 会議では会の名称、役員、規約などを決めた。

 同会は10月19、20日の例大祭で行う御鳳輦奉仕に向けて準備を進めていく。

 会長以外の役員は次の通り。

 副会長 青木健治(兼広報副部長)大武宏(兼渉外部長)佐口大康(兼進行副部長)▽運営本部長 伊藤賢次▽運営副本部長 木村晃久▽総務部長 品竹大輔▽進行部長 橋本利勝▽財務部長 寺山健太郎▽給与部長 山口猛▽広報部長 西山寛▽救護・車両部長 梅原嘉雄▽設営部長 平野隆司▽接待部長 青木康友▽衣装部長 吉沢義幸▽恵比寿部長 梅原貴史▽大黒部長 飯塚大祐▽管理部長 山本信▽組織部長 西上床伸▽女子部長 高橋かおり▽同副部長 中村菜津子、芹沢忍

 【写説】10月の例大祭に向けて御鳳輦奉仕の決意を語る岩瀬会長=熱海市桜町の今宮神社