感謝状と指定証を受けた事業者ら=熱海署

 ■マジオ自校に感謝状 

 熱海署と熱海地区安全運転管理協会は17日、同署で安全運転管理推進事業所に対する指定証の交付式を開いた。本年度は熱海市役所が指定を受け、市内事業所の手本として交通安全意識の高揚を図る。指定期間は1年。

 勝又紳一朗署長と杉山良文会長が指定証とドライブレコーダーを市総務課長の高橋勝敏さんに手渡した。勝又署長は「市役所は熱海の顔。交通安全意識の向上に努めてもらいたい」、杉山会長は「地域の交通リーダーとして活躍してほしい」と激励した。高橋さんは「事故を一件でも減らせるよう、より一層職員の安全運転教育に努める」と誓った。

 前年度の指定事業所マジオ・ドライバーズスクール熱海校への感謝状贈呈を併せて行った。同校の安全運転管理者上田誠さんは「安全運転は教習場の使命。無事に終えることができ、ほっとしている」と語った。

 【写説】感謝状と指定証を受けた事業者ら=熱海署