華やかな踊りを披露する子どもたち=熱海市の長浜海浜公園

 熱海市の長浜海浜公園で30日、「南熱海ケイキフラフェスティバル・プレステージ」が催された。地元の子どもたちのフラ・グループ「南熱海ロングビーチガールズ」のメンバーらが華やかな踊りを繰り広げ、来場者の目を引き付けた。

 7月14日の同フェスのプレイベントとして実行委員会が企画し、特設市に合わせて実施した。4歳の保育園児から中学1年生までのケイキ(こども)と、その父母ら31人が出演。午前と午後に約10曲ずつ踊った。午前は古典の「カヒコ」を皮切りに、マラカスのようなウリウリや竹の楽器プイリを手にした「クウレイホク」「クウホア」などを次々と披露した。締めくくりに全員で「カイマナヒラ」を華やかに踊ると、客席から拍手が湧いた。

 森野七星さん(多賀小6年)は「6年生になって最初のステージで、振りを間違えずやわらかく踊ることができた。7月のフェスは自然な笑顔で踊れるように練習を頑張りたい」と話した。

 【写説】華やかな踊りを披露する子どもたち=熱海市の長浜海浜公園