水を掛け合って遊ぶ子どもたち=長浜海岸

 6日は二十四節気の一つ「立夏」。暦の上では夏が始まる日とされている。

 熱海市内は5日、朝から晴れ渡り、涼を求める行楽客で海や山がにぎわった。網代では最高気温が23・2度と5月下旬並みとなった。

 長浜海岸では、半袖姿の家族連れらが波打ち際で水の掛け合いや、砂遊びなどを楽しんだ。伊東市から友達家族と訪れた木村夢琉さん(4)は「海は波打ち際が温かくて、奥がちょっぴり冷たかった。夏になったらスイカを食べたい」と声を弾ませた。

 【写説】水を掛け合って遊ぶ子どもたち=熱海市の長浜海岸