■「人材不足、意見聞き運営」 

 熱海市町内会長連合会は13日、市役所で開いた5月定例会で役員改選を行い、8期14年務めた鈴木秀旺会長の後任に、清水町内会長で西部地区ブロック長の石井倭雄副会長を選任した。任期は2年間。

 市内の81町内会の会長らが出席して、会員の互選で決めた。就任のあいさつで石井新会長は「少子高齢化で町内会の活動は縮小し、多くの町内会が人材不足などで苦労している。会員の意見を聞きながら運営を進めていきたい」などと抱負を述べた。

 会長を除く役員と交代のあった町内会長は次の通り。

 副会長 原規公(東田原町)津田博之(友楽町)清水一衛(桜ケ丘)当摩達夫(岸谷)長津宏司(泉本区)山田光孝(上多賀)加藤正春(網代栄町)▽会計 中島和昭(下多賀)▽監査 山下慎夫(林ガ丘西)小松正一(笹良ケ台)高杉京一(中野)

 町内会長 千葉誠一(伊豆山浜)志村和美(錦町)鈴木宏平(下松田)高橋恒夫(仲道)