勇壮、華麗な和太鼓の演奏を繰り広げる豆州網代太鼓のメンバー=下多賀の南熱海マリンホール

 ■豆州網代太鼓が先陣

 第6回南あたみ和太鼓まつり(網代おやじの会主催)が26日、熱海市下多賀の南熱海マリンホールで開かれた。伊豆地区一円、神奈川県から参加の6団体が迫力のある和太鼓の音を会場に響かせた。

 南熱海地区の有志グループの同会が毎年行っている地域活性化イベント。地元の豆州網代太鼓のほか、伊東市の伊東囃子(ばやし)保存会、伊豆市の伊豆総合高郷土芸能部、天城連峰太鼓、小田原市の相洋高和太鼓部、平塚市の湘南打楽たまゆらが出演した。

 祭典は「地域のにぎわいを創出し、コミュニケーションの強化を図りたい」と語る同会の聞間秀人会長の開会宣言で開幕。豆州網代太鼓が先陣を切って「松」「宴(うたげ)」「魂(ソウル)」を演奏し、各団体が十八番の楽曲を3~9曲披露した。

 そろいのはんてん、法被にねじり鉢巻きなどで決めた各団体は勇壮、華麗で躍動感あふれる和太鼓を打ち鳴らした。会場には住民ら延べ約700人が詰めかけ、心揺さぶる太鼓の音に耳を傾けた。

 屋外では軽食などの模擬店も出て、祭りムードを盛り上げた。

 【写説】勇壮、華麗な和太鼓の演奏を繰り広げる豆州網代太鼓のメンバー=熱海市下多賀の南熱海マリンホール